ちしまきんばい (千島金梅)

Potentilla megalantha

Potentilla megalantha

Potentilla megalantha

Potentilla megalantha

Potentilla megalantha

Potentilla megalantha

わが国の北海道からシベリア、北アメリカに分布しています。海岸の岩場やツンドラ地帯に生え、高さは5〜25センチになります。根生葉は三小葉で厚くて綿毛に被われ、はっきりした葉脈があります。6月から8月ごろ、黄色い花を咲かせます。 
バラ科キジムシロ属の多年草で、学名は Potentilla megalantha。
英名はありません。 
"Chishima-kimbai" belongs to the Roseaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is native from Hokkaido to Siberia and North America. This herb grows in coastal rocky sites and the tundra areas, and can reach 5-25 cm in height. The basal leaves are trifoliate compound, thick, distinguish veining, and covered with wooly hairs. The yellow flowers bloom from June to August. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年09月07日撮影。
[中2] 同上にて、2006年01月25日撮影。
[中3〜4・下] 宮城県仙台市「東北大学植物園」にて、
2016年05月14日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp