チランドシア

Tillandsia sp.

Tillandsia sp.

Tillandsia sp.

Tillandsia sp.

南アメリカが原産です。このハナアナナス(チランドシア)属には多く
のエアープランツがあり、木や岩などに着生しています。根は固定す
るためだけで、必要な水分や養分は、葉にある気孔から取りこみま
す。あまり湿度の高くないわが国では、時々の水やりが必要です。
パイナップル科ハナアナナス属の常緑多年草で、学名は Tillandsia
(属の総称)。英名は Tillandsia, Air plant。
Tillandsia belongs to Bromeliaceae (Pine apple family). This genus is an
evergreen perennial herb that is native to South America. Many species of
this genus are 'Air plant', and epiphyte on trees and rocks. It's roots have
only role of fixing. The water and nutrient are absorbed from the stomas of
leaves. Watering is neccesary for cultivation because of it has not a lot of
moisture in Japan.
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2002年12月14日撮影。
[中1〜2・下] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴール
デンゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp