ちまきざさ (粽笹)

Sasa palmata

Sasa palmata

Sasa palmata

Sasa palmata

Sasa palmata

Sasa palmata

Sasa palmata

Sasa palmata

Sasa palmata

Sasa palmata

Sasa palmata

わが国の北海道から本州の日本海側、四国の愛媛県、九州の熊本・長崎県に分布しています。高さは2.5〜5メートルになります。桿鞘や葉の裏面は無毛です。葉は楕円形または卵状長楕円形で、20〜30センチの長さがあります。笹団子や粽(ちまき)を包むのに使われます。 
イネ科ササ属の常緑ササ類で、学名は Sasa palmata。
英名は Broadleaf bamboo。 
Broadleaf bamboo (Sasa palmata) belongs to the Poaceae (the Grass family). It is an evergreen bamboo that is distributed from Hokkaido to the Japan Sea Side of Honshu, Ehime prefecture of Shikoku, Kumamoto and Nagasaki prefecture of Kyushu. The culm can reach 2.5-5 m in height. The culm sheath and underside of leaf is hairless. The leaves are elliptic or ovate-oblong, 20-30 cm long. They are used as a wrapping of chimaki and rice dumplings. 
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年02月13日撮影。
[中1] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、2006年02月10日撮影。
[中2〜中4] 山形県小国町小玉川にて、2015年05月24日撮影。
[中5・中6] 宮城県大崎市「胡桃ヶ岳」にて、2015年06月07日撮影。[中7〜9・下] 福島県須賀川市勢至堂にて、2016年09月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp