チンゲンさい (青梗菜)

Brassica rapa var. chinensis

Brassica rapa var. chinensis

Brassica rapa var. chinensis

Brassica rapa var. chinensis

Brassica rapa var. chinensis

Brassica rapa var. chinensis

Brassica rapa var. chinensis

Brassica rapa var. chinensis

Brassica rapa var. chinensis

中国の揚子江流域が原産です。「たいさい」型の栽培品種は、わが
国へも古くに渡来し、体菜や長岡菜などの地方品種も生まれていま
す。本種も、昭和40年代の終わりごろに導入されました。今では、葉
柄が浅緑色のものを「チンゲンさい」、白色のものを「パクチョイ」と呼
ぶように統一されています。写真中7・下は「パクチョイ」。
アブラナ科アブラナ属の一年草で、学名は Brassica rapa var.
chinensis。英名は Pak choi。
Pak choi belongs to Brassiaceae (the Mustard family). It is an annual herb
that is native to the reach of Chang Jiang River of China. Other cultivars of
chinese group were introduced into Japan in ancient days, and were
breeded many local varieties such as "Tai-sai", "Nagaoka-na". Pac choi
was introduced into Japan in the first half of 1970. The name is made it a
rule to call that "Chingen-sai" with light green leafstalk and "Pac choi" with
white one.
[上・中1] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年01月31日撮影。
[中3] 同上にて、2007年12月19日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2005年01月30日撮影。
[中4] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年12月05日撮影。
[中5] 千葉県香取市大角にて、2010年12月27日撮影。
[中6] 同上にて、2011年01月17日撮影。
[中7] 同上にて、2010年12月25日撮影。
[下] 同上にて、2011年01月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp