ちんぐるま (稚児車)

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

Geum pentapetalum

わが国の本州、中部地方以北の高山帯と北海道、それにアリューシャン列島からカムチャッカ半島に分布しています。雪渓の周辺や砂礫地に生え、高さは10センチくらいになります。葉は奇数羽状複葉で、小葉はふつう7個あります。7月から8月ごろ、枝先に直径20〜25ミリの白い花を咲かせます。果実は痩果で、花後に花柱が伸びて羽毛状になります。秋には葉が紅葉します。和名は「稚児車」から転訛したもので、果実のかたちを子どもが遊ぶ風車に喩えたもの。 
バラ科ダイコンソウ属の落葉小低木で、学名は Geum pentapetalum。英名は Aleutian avens。 
Aleutian avens (Geum pentapetalum) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a deciduous shrub that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido, as well as the Aleutian Islands and the Kamchatka Peninsula. This herb grows around snow patches or gravel areas and can reach about 10 cm in height. The leaves are odd-pinnate compound with 7 leaflets, and turn red in fall. The white flowers 20-25 mm across come on the terminal branches from July to August. The fruits are achenes with feathery styles. 
[上・中1・中7〜8・中10] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」
にて、2006年08月02日撮影。
[中2] 同上にて、2005年07月11日撮影。
[中3] 富山県立山町芦峅寺「立山・弥陀ヶ原」にて、
2006年07月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 富山県立山町芦峅寺「立山・室堂平」にて、
2006年07月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] 山形県西山町月山沢「月山」にて、2005年07月09日撮影。
(photo by Aya Suehiro)
[中6] 岐阜県高山市丹生川町「乗鞍岳」にて、
2007年07月31日撮影。
[中9] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2005年07月15日撮影。
[中11] 北海道足寄郡足寄町「羅臼岳」にて、2011年08月02日撮影。
(photo by Aya Suehiro)
[中12・中13] 福島県檜枝岐村「燧ヶ岳」にて、
2014年09月20日撮影。
[中14・中15] 群馬県片品村「至仏山」にて、2015年07月04日撮影。
[中16・中17] 長野県宮田村「木曽駒ヶ岳」にて、
2015年08月02日撮影。
[中18〜中24] 長野県白馬村「唐松岳」にて、
2016年07月30日撮影。
[中25〜26・下] 同上にて、2016年07月31日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp