チトニア (メキシコ向日葵) [Index] [Back]

Tithonia rotundiflora

Tithonia rotundiflora

メキシコから中央アメリカが原産です。高さは1.5〜1.8センチになります。葉は濃緑色で3浅裂し、柔らかな綿毛に被われています。7月から9月ごろ、鮮やかな赤橙色の頭花を咲かせます。いくつかの園芸品種があり、「イエロートーチ」や「レッドトーチ」が代表です。和名では「メキシコひまわり(メキシコ向日葵)」と呼ばれます。
キク科ニトベギク属の一年草で、学名は Tithonia rotundiflora。
英名は Mexican sunflower。
Tithonia rotundiflora (Mexican sunflower) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is an annual herb that is native to Mexico and Central America. This herb can reach 1.5-1.8 m in height. The leaves are dark green, three lobed and covered with soft downy hairs. The brilliant red-orange flower-heads bloom from July to September. There are some cultivars of Mexican sunflower, 'Yellow Torch' and 'Red Torch' are most notable.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp