たばこ (煙草)

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

南アメリカの熱帯地方が原産です。茎は直立し、高さは1.5〜2メー
トルほどになります。葉は大きな楕円形で綿毛が密生し、互生しま
す。7月から8月ごろ、茎頂の総状花序に、淡いピンク色または黄色
の筒状花を咲かせます。喫煙は、先住民が儀式として行っていた風
習ですが、新大陸の発見とともにヨーロッパから世界各地へと広がり
ました。花が咲いた段階で、1株から20個ほどの葉が収穫されるそ
うです。
ナス科タバコ属の多年草で、学名は Nicotiana tabacum。
英名は Tobacco。
Tobacco (Nicotiana tabacum) belongs to Solanaceae (the Nightshade
family). It is a perennial herb that is native to tropical areas of South
America. The stem is erect and can reach 1.5-2 m in height. The leaves are
large, elliptic, alternated and covered with dense woolly hairs. The racemes
are borne on the stem apices and bloom pale pink or yellow tubular
flowers from July and August. Tobacco has long been in use as an
entheogen in the Americas. However, after discovery of a new continent, it
quickly became popularized as a recreational drug in Europe and through
all over world. Tobacco leaves are harvested when the flowers bloom.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年06月06日撮影。
[中3] 同上にて、2008年06月11日撮影。
[中6] 同上にて、2008年05月28日撮影。
[中7] 同上にて、2008年07月15日撮影。
[中4・中5] 岡山県柵原町連石にて、2004年08月25日撮影。
[中8] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9] 千葉県香取市大角にて、2010年05月08日撮影。
[中10] 同上にて、2010年05月22日撮影。
[中11] 同上にて、2010年06月22日撮影。
[中12] 同上にて、2010年06月24日撮影。
[下] 同上にて、2010年07月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp