とちゅう (杜仲)

Eucommia ulmoildes

Eucommia ulmoildes

Eucommia ulmoildes

中国の中西部に分布しています。一科一属一種です。高さは20メ
ートルほどになり、樹皮は黒褐色で滑らかです。葉は楕円形で先が
尖り、互生します。葉や若枝、樹皮などを折るとゴム質の白い糸を引
きます。5月から7月ごろ、葉腋に花をつけます。果実は堅果で周囲
に翼があり、10月から11月ごろ熟します。樹皮は強壮剤や鎮痛薬
として利用されます。
トチュウ科トチュウ属の落葉高木で、学名は Eucommia ulmoildes。
英名は Hardy rubber tree。
Hardy rubber tree (Eucommia ulmoildes) belongs to the Eucommiaceae. It
is a tall deciduous tree that is native to central-western China. It is the only
species in the family Eucommiaceae and the genus Eucommia. This tree can
reach about 20 m in height, and the barks are blackish-brown and smooth.
The leaves are elliptic and arranged alternately with acute tips. If a leaf,
young branch or bark is broken, the white strands of latex exude from the
cross-section surfaces. The flowers bloom at the axils from May to July.
The fruits are winged nuts and ripen in October to November. The barks
are usesd as a tonic medicine or an analgesic agent.
[上・中] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年08月24日撮影。
[下] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2010年05月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp