とげばんれいし (棘番茘枝)

Annona muricata

Annona muricata

Annona muricata

Annona muricata

Annona muricata

西インド諸島から南アメリカ北部が原産です。現在では熱帯・亜熱帯
地域の各地で栽培されています。下部からよく分枝して潅木状にな
り、高さは7.5〜9メートルほどです。葉は長楕円形から披針形、狭
倒卵形で互生し、悪臭があります。花は幹や枝などに単生し、外花
披片は黄緑色、内花披片は淡黄色です。果実は卵形から心形で、
4.5〜6.8キログラムになります。果皮には棘状の突起があり、果
肉は白くてミックスジュースのような香りがあり、生食されるほかアイ
スクリームやシャーベットの原料にされます。
バンレイシ科バンレイシ属の常緑小高木で、学名は Annona
muricata。英名は Soursop, Dutch durian, Guanabana。
Soursop (Annona muricata) belongs to Annonaceae (Custard apple family).
It is an evergreen semi-tall tree that is native to West Islands and northern
South America. It is cultivated widely in tropical and sub-tropical areas
nowadays. This tree is much branched at the bases, shrubby and can reach
7.5-9 m in height. The leaves are oblong to lanceolate, narrow-obovate
and alternate. They have an offensive odor. The single flowers are borne on
the trunks or branches, the outer tepals are yellowish-green and the inner
tepals are pale yellow. The fruits are ovate to heart-shaped and weighing
between 4.5-6.8 kg. They have spiny projections on the rinds. The flesh is
white and mixed-juice flavored. The fruits are used for row diet and the
raw material for icecream or sherbet.
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年04月25日撮影。
[中2〜3・下] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年12月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp