ときわはながた (常磐花形)

Androsace sempervivoides

Androsace sempervivoides

Androsace sempervivoides

カシミールやチベットの西部が原産です。標高3000〜4000メート
ルの草地や砂礫地に生え、高さは5センチほどです。ランナーを伸ば
してカーペット状に広がります。葉は広いへら形で、赤っぽい繊毛が
生えています。5月から6月ごろ、花茎をだして淡いピンクの花を咲
かせます。
サクラソウ科トチナイソウ属の常緑多年草で、学名は Androsace
sempervivoides。英名はありません。
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月14日撮影。
[中・下] 同上にて、2004年04月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp