とうじゅろ (唐棕櫚)

Trachycarpus wagnerianus

Trachycarpus wagnerianus

Trachycarpus wagnerianus

Trachycarpus wagnerianus

Trachycarpus wagnerianus

中国の南部が原産です。わが国に分布する「しゅろ」に似ています
が、葉柄が短くて、葉の裂片が折れ曲がりません。雌雄異株で、高さ
は10メートルほどになります。4月から5月ごろ、肉穂花序をだして
淡黄色の花を咲かせます。果実は青黒色に熟し、白い粉がふきま
す。
ヤシ科シュロ属の常緑小高木で、学名は Trachycarpus wagnerianus。
英名は Chinese windmill palm。
Chinese windmill palm (Trachycarpus wagnerianus) belongs to the
Arecaceae (the Palm family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to
southern China. This tree is dioecious and can reach about 10 m in height.
The leaves resemble to the Chusan palm (Trachycarpus fortunei), though
they have short petioles and their lobes do not create kinks. The spadix is
borne and bloom pale yellow flowers from April to May. The fruits
ripen bluish black and are covered with white bloom.
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月22日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1・中2] 静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。
[中3・下] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2010年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp