とかどへちま (十角糸瓜)

Luffa acutangula

Luffa acutangula

Luffa acutangula

Luffa acutangula

Luffa acutangula

東南アジアが原産です。「へちま」の近縁で、インドから東南アジアで
は野菜として栽培されています。蔓性で他の樹木などに絡みついて
伸びます。葉は大きな腎形で互生し、縁には粗い鋸歯があります。
葉の両面は短毛に被われます。夏、葉腋に黄色い雄花と雌花を咲
かせます。果実は円筒形のうり状果で、10個の稜があります。若い
果実は食用にされます。
Ridged luffa (Luffa acutangula) belongs to Cucurbitaceae (Gourd family). It
is an annual herb that is native to Southeast Asia. It is closely related to
Luffa and cultivated as a vegetable in India and Southeast Asia. This herb is
a trailing vine and climbs up adjacent plants. The leaves are large reniform
and alternate with coarsely-toothed margins. The both sides of leaves are
covered with short hairs. The male and female flowers are borne on the
axiles in summer. The fruits are cylindrical pepo with 10 ridges. The young
fruits are used for food.
ウリ科ヘチマ属の一年草で、学名は Luffa acutangula。
英名は Ridged luffa, Sinkwa towelsponge。
[上・中1〜3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年11月03日撮影。
[下] 同上にて、2007年09月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp