とからあじさい (吐噶喇紫陽花) [Index] [Back]

Hydrangea kawagoeana

Hydrangea kawagoeana

Hydrangea kawagoeana

Hydrangea kawagoeana

わが国の固有種で、トカラ列島と奄美大島に分布しています。渓流沿いの林内に生え、高さは1〜2メートルになります。葉は長楕円形で対生し、縁には粗い鋸歯があります。5月から6月ごろ、枝先の散房花序に花を咲かせます。装飾花は白色、両性花は淡い黄色です。独立な種とせず、「からこんてりぎ (唐紺照り木)」に含める考えもあります。
アジサイ科アジサイ属の常緑低木で、学名は Hydrangea kawagoeana。英名はありません。
"Tokara-ajisai" (Hydrangea kawagoeana) belongs to Hydrangeaceae (the Hydrangea family). It is small evergreen tree that is native to Japan, and distributed to the Tokara Islands and the Amami Oshima. This tree grows in woods along streams and can reach 1-2 m in height. The leaves are oblong and opposite with coarse toothed edges. The flowers bloom on the terminal corymbs from May to June. The neuter flowers are white and the bisexual flowers are pale yellow.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2009年05月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp