とけいそう (時計草)

Passiflora caerulea

Passiflora caerulea

Passiflora caerulea

Passiflora caerulea

Passiflora caerulea

Passiflora caerulea

南アメリカ中西部のブラジルからペルーが原産です。花のかたちが時計の文字盤に見えるので「時計草」です。英名では十字架に見立てて「パッション(キリストの受難)フラワー」と呼ばれます。7月から8月ごろ、10センチほどの花を咲かせます。10個の花被片は、花弁と萼片が5個ずつです。糸状になった副花冠が目立ちます。 
トケイソウ科トケイソウ属の常緑蔓性低木で、学名は Passiflora caerulea。英名は Passion flower。 
The passion flower (Passiflora caerulea) belongs to the family Passifloraceae (the Passion flower family). It is an evergreen woody vine that is native to central-western South America; from Brazil to Peru. The common name is derived that the shape of the flowers conjure up the image of the Passion of Jesus. The flower about 10 cm in diameter blooms from July to August. It is complex with the five sepals and petals similar in appearance. The filaceous coronas are conspicuous. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年07月17日撮影。
[中2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年06月10日撮影。
[中3] アイルランド・コノハト地方「コネマラ国立公園」にて、
2005年07月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] スペイン・バレンシア県プソルにて、2010年05月24日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2014年07月01日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp