ときわすすき (常磐薄)

Miscanthus floridulus

Miscanthus floridulus

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州それに台湾や太平洋
諸島に分布しています。暖地の海岸近くや丘陵に生え、高さは2.4
〜3メートルになります。「ススキ」より大型で、線形の葉の幅は1.5
〜3センチほどです。7月から9月ごろ、大きな花序をだします。冬に
も枯れないので、別名で「カンススキ(寒薄)」とも呼ばれます。
イネ科ススキ属の常緑多年草で、学名は Miscanthus floridulus。
英名は Giant miscanthus, Giant Chinese silver grass。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年02月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp