とっくりらん (徳利蘭)

Beaucarnea recurvata

Beaucarnea recurvata

Beaucarnea recurvata

Beaucarnea recurvata

Beaucarnea recurvata

Beaucarnea recurvata

Beaucarnea recurvata

Beaucarnea recurvata

Beaucarnea recurvata

Beaucarnea recurvata

Beaucarnea recurvata

メキシコの南東部が原産です。低木帯や半砂漠地帯に生え、高さは10メートルほどになります。単幹で根本が肥大して、トックリのようなかたちになります。葉は幹の先端に集まり、線状の葉が反り返りながら垂れ下がります。大きく成長した個体では、幹頂に直立した花序をだし、黄白色の花を咲かせます。
リュウゼツラン科トックリラン属の常緑中高木で、学名は Beaucarnea recurvata(syn. Nolina recurvata)。英名は Ponytail palm、Bottle palm、Nolina、Elephant's foot。
Ponytail palm (Beaucarnea recurvata) belongs to the Agavaceae (the Agave family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to southeastern Mexico. This tree grows in semi-desert areas and can reach about 10 m in height. It is a single trunk and swollen like a bottle at the base. The leaves are linear and fasciculate at the top of trunk. The erect inflorescences are produced on the apex and the small creamy white flowers bloom only on mature trees.
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年01月06日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] オーストラリア・シドニー市「ガルストンオープンガーデン」
にて、2006年08月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。
[中3・中4] アメリカ・ニューヨーク州「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。
[中5] アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] 同上にて、2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7・中8] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2009年09月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9・下] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、
2014年08月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp