とくさ (砥草)

Equisetum hyemale

Equisetum hyemale

Equisetum hyemale

Equisetum hyemale

Equisetum hyemale

Equisetum hyemale

Equisetum hyemale

Equisetum hyemale

Equisetum hyemale

Equisetum hyemale

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに北半球に広く分布しています。水辺に生え、高さは1メートルほどになります。茎は中空です。夏、茎の先端に胞子嚢をつけます。名前は、砥石の代用の草という意味で、木材や金属の研磨に使用されました。また漢方では「木賊(もくぞく)」と呼ばれ、止血や解熱剤として使われるようです。 
トクサ科トクサ属の常緑多年草で、学名は Equisetum hyemale。
英名は Dutch rush、Horsetail。 
The Dutch rush (Equisetum hyemale) belongs to the Equisetaceae (the Horsetail family). It is an evergreen perennial herb that is distributed northward from Chubu-district of Honshu to Hokkaido of Japan and the Northern Hemisphere. This herb grows in water's edges and can reach about 1 m in height. The stem is midair. The spore spikes are borne at the apex of shoot in summer. This herb is used as a polishing agent and a herbal medicine for hemostat or antifebrile. 
[上] 岐阜県恵那市中野方町にて、2007年06月07日撮影。
[中1] 岐阜県八百津町久多見にて、2007年06月08日撮影。
[中2] 長野県松本市奈川保平にて、2005年10月20日撮影。
[中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2004年02月07日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5〜中7] 栃木県日光市「上三依水生植物園」にて、
2013年07月21日撮影。
[中8・下] 栃木県宇都宮市古賀志町にて、2016年04月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp