トルミエア・メンジエシー [Index] [Back]

Tolmiea menziesii

Tolmiea menziesii

Tolmiea menziesii

Tolmiea menziesii

北アメリカの西岸、アラスカ州の南部からカリフォルニア州中部に分布しています。トルミエア属は単型属で、この種だけです。湿り気のある山のふもとなどに生え、高さは20センチほどになります。葉は心形で、不規則な鋸歯があります。また葉の両面は、密な毛に被われています。4月から8月ごろ、緩やかな総状花序に、小さな花をいっぱい咲かせます。個々の花は、筒状の紫緑色から褐緑色の萼片と、およそ萼片の2倍の長さがあり、4個の線形から錐状で、赤褐色の花弁からなっています。
ユキノシタ科トルミエア属の多年草で、学名は Tolmiea menziesii。
英名は Youth on age、Piggyback plant。
Youth on age (Tolmiea menziesii) belongs to the family Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is native to the west coast of North America, from southern Alaska to central California. It is the only member of the monotypic genus Tolmiea. This herb grows in moist foothills and it can reach about 20 cm in height. The leaves are cordate心形 with irregular toothed edges. They are covered with dense hairs on both sides. The many small flowers bloom in a loose raceme from April to August. Each flower consists of a tubular purple-green to brown-green calyx and four linear or subulate red-brown petals, about twice the length of the sepals.
アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp