とまりすげ (泊菅)

Carex middendorffii

Carex middendorffii

Carex middendorffii

Carex middendorffii

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに東北アジアに分
布しています。高層湿原に生え、高さは30〜70センチになります。
葉は線形で堅く、叢生します。6月から7月ごろ、茎頂に小穂をだしま
す。上部の小穂は雄性で、下部は雌性です。雌小穂の黒褐色の鱗
片が特徴です。別名で「ホロムイスゲ(幌向菅)」とも呼ばれます。
カヤツリグサ科スゲ属の多年草で、学名は Carex middendorffii。
英名はありません。
長野県茅野市北山「麦草ヒュッテ」にて、2006年07月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp