トマト (蕃茄)

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

メキシコあるいはペルーが原産だといわれています。わが国へは17
世紀に渡来しましたが、本格的には昭和時代になってアメリカから甘
みに富んだ桃色系が導入されてからです。フランスでは「愛のりん
ご」、ドイツでは「天国のりんご」と呼ばれています。わが国では現在、
「桃太郎」と「ファースト」が主に栽培されています。
ナス科トマト属の一年草で、学名は Lycopersicon esculentum。
英名は Tomato。
Tomato belongs to the Solanaceae (the Nightshade family). It is a annual
herb that is native to Mexico or Peru. This herb was introduced into Japan
in 17th century, though it became common in Showa Era (about 80 years
ago) when the pink sweet species was introduced from USA. Tomato is
also called "Pomme d'amour" (apple of love) in France, "Paradeisapfel"
(apple of paradise) in Germany. 'Momo-taro' and 'First' are cultivated
mainly in Japan nowadays.
[上・中6] 長野県南箕輪村「信州大学農学部」にて、
2006年08月01日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年05月23日撮影。
[中7] 同上にて、2004年07月11日撮影。
[中2・中5・中8] 長野県安曇野市北穂高にて、
2007年07月10日撮影。
[中3・中4] 千葉県香取市下飯田にて、2008年07月16日撮影。
[中9] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年05月16日撮影。
[中10] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中11] 千葉県香取市大角にて、2012年06月29日撮影。
[中12〜13・下] 茨城県鉾田市台濁沢にて、2011年07月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp