ともえそう (巴草)

Hypericum ascyron

Hypericum ascyron

Hypericum ascyron

Hypericum ascyron

Hypericum ascyron

Hypericum ascyron

Hypericum ascyron

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国東北部、シベリアに分布し
ています。丘陵から山地に生え、高さは1メートルほどになります。茎
には4稜があり、直立します。葉は披針形で対生し、全縁です。また
葉には疎らに明点があります。7月から8月ごろ、分枝した枝先に巴
状に捩れた黄色い花を咲かせます。一日花です。果実は卵円形の
刮ハです。
オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草で、学名は Hypericum
ascyron。英名は Great St. Johnswort。
Great St. Johnswort (Hypericum ascyron) belongs to the Clusiaceae family.
It is a perennial herb that is native to all over Japan, also the Korean
Peninsula, east-northern China and Siberia. This herb grows on hillsides
and mountains, and can reach about 1 m in height. The stem is
quadrangular and erect. The leaves are lanceolate, entire and arranged in
opposite. The leaves have sparse bright dots. The flowers are yellow,
swirly, and bloom on the terminal branches from July to August. They last
one day. The fruits are ovate-round capsules.
[上・中1] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中2・中4〜5・下] 長野県上田市真田町傍陽「地蔵峠」にて、
2006年08月01日撮影。
[中3] 長野県伊那市長谷黒河内「黒河内林道」にて、
2006年08月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp