トルコなら (トルコ楢) [Index] [Back]

Quercus cerris

Quercus cerris

Quercus cerris

Quercus cerris

ヨーロッパの南東部から小アジアが原産です。高さは25〜40メートル、幹の直径は2メートル以上になります。樹皮は濃い灰色で、深く割れ目が入ります。葉は濃緑色で、形はいろいろあり、いくつかの裂片は複雑で先端が尖ったり、また他のものは丸く単純な裂片であったりします。花は風媒花の尾状花序で、受粉のあと18か月かかって成熟します。果実は大きなドングリでバイカラー、基部の半分はオレンジ色で、グラデーションして先端は緑褐色になります。殻斗はやわらかで4〜8ミリのコケのような剛毛で密に被われます。 
ブナ科コナラ属の落葉高木で、学名は Quercus cerris。
英名は Turkey oak、Austrian oak。 
The Turkey oak (Quercus cerris) belongs to the family Fagaceae (the Beech family). It is a tall deciduous tree that is native to south-eastern Europe and Asia Minor. This tree can reach 25-40 m in height with a trunk up to 2 m diameter. The bark is dark grey and deeply furrowed. The leaves are dark green and variable in shape, some lobes are elaborate and pointed while other leaves have rounded, simple lobes. The flowers are wind-pollinated catkins, maturing about 18 months after pollination. The fruit is a large acorn, bicoloured with an orange basal half grading to a green-brown tip. The acorn cup is densely covered in soft 4-8 mm long "mossy" bristles. 
[上・中1〜2] トルコ・イスタンブール「トプカプ宮殿」にて、2014年09月12日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] トルコ・トロイ遺跡にて、2014年09月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp