とねりこばのかえで (とねりこ葉の楓)

Acer negundo

Acer negundo

Acer negundo

Acer negundo cv. Flamingo

Acer negundo

Acer negundo

北アメリカが原産です。わが国へは明治時代のはじめに渡来しました。成長が極めて早く、高さは20メートルほどになります。葉は羽状複葉で対生し、ふつう3〜5個の小葉があります。雌雄異株です。4月ごろ、黄緑色の花を下垂して咲かせます。果実は9月から10月ごろに熟しますが、食用になります。また樹液からはメープルシロップが採れるそうです。別名で「ネグンドかえで」とも呼ばれます。写真中3は、斑入り園芸品種の「フラミンゴ(cv. Flamingo)」。
カエデ科カエデ属の落葉高木で、学名は Acer negundo。
英名は Box elder。
Box elder (Acer negundo) belongs to the family Aceraceae (the Maple family). It is a tall deciduous tree that is native to North America. It was introduced into Japan in the day of early Meiji Era (about 130 years ago). This tree grows vary fast and it can reach about 20 m in height. The leaves are opposite, pinnately compound with usually 3-5 leaflets. It is dioecious. The drooping yellow-green flowers bloom in April. The fruits ripen in September to October and are edible. Box elder has sweetish sap used locally to prepare maple sugar.
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年04月28日撮影。
[中2] 同上にて、2004年05月29日撮影。
[中3] 大阪府枚方市「ひらかたパーク」にて、2006年07月26日撮影。[中4・下] アメリカ・コロラド州ユーレイ市にて、
2010年07月05日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp