とちばにんじん (栃葉人参)

Panax japonicus

Panax japonicus

Panax japonicus

Panax japonicus

Panax japonicus

Panax japonicus

Panax japonicus

Panax japonicus

Panax japonicus

Panax japonicus

Panax japonicus

Panax japonicus

わが国の各地に分布しています。山地の林内に生え、高さは50〜80センチになります。茎は直立し、茎頂に「とちのき」に似た掌状複葉を輪生します。6月から8月ごろ、花茎を伸ばして球状の散形花序に黄緑色の花を咲かせます。根茎は竹節人参(ちくせつにんじん)と呼ばれ、健胃薬や去痰薬として用いられます。 
ウコギ科トチバニンジン属の多年草で、学名は Panax japonicus。
英名はありません。 
"Tochiba-ninjin" (Panax japonicus) belongs to the Araliaceae (the Ginseng family). It is a perennial herb that is native throughout Japan. This herb grows in montane forests and can reach 50-80 cm in height. The stem is erect. The leaves are palmate compound, resemble the Japanese horse chestnut, and arranged in whorl on the stem apices. The globose umbels are borne bloom small yellowish-green flowers from June to August. The rootstocks are used as a herbal medicine for a stomachic agent or an expectorant drug. 
[上・中1] 秋田県藤里町藤琴「農村環境改善センター」にて、
2005年07月17日撮影。
[中2・中3] 群馬県安中市「小根山森林公園」にて、
2009年05月24日撮影。
[中4・中5] 福島県檜枝岐村「尾瀬沼」にて、2013年08月25日撮影。
[中6] 福島県矢祭町「滝川渓谷」にて、2013年09月08日撮影。
[中7・中8] 群馬県片品村戸倉「川上川」にて、
2015年07月05日撮影。
[中9〜10・下] 宮城県仙台市「泉ヶ岳」にて、2016年06月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp