とうちく (唐竹)

Sinobambusa tootsik

Sinobambusa tootsik

Sinobambusa tootsik

Sinobambusa tootsik

Sinobambusa tootsik

Sinobambusa tootsik

Sinobambusa tootsik

Sinobambusa tootsik

中国南部や台湾が原産です。庭園竹として、関東地方以西に植栽されています。高さは5メートル以上になり、節間の長さは60〜80センチになります。やや紫色を帯びます。各節から3個以上の短い枝が出て、枝先に3〜9個の披針形の葉がつきます。葉は洋紙質で、裏面に微毛が密生します。5月から6月ごろ、タケノコがでます。別名で「だいみょうちく(大名竹)」とも呼ばれます。
イネ科トウチク属のタケ類で、学名は Sinobambusa tootsik。
英名は Tootsik bamboo。
Tootsik bamboo (Sinobambusa tootsik) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is a bamboo that is native to southern Cnina and Taiwan. This bamboo is cultivated as a garden bamboo in the west of the Kanto region. The culms are tinged purple, and can reach up to 5 m in height. The internodes measure 60-80 cm long. More than three short branches are borne at the each nodes. The 3-9 lanceolate leaves are arranged at the tip of branches. The leaves are foreign papery with dense pubescent on the abaxial sides. The shoots are borne in May through June.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年12月07日撮影。
[中2・中3] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、
2006年02月10日撮影。
[中4〜6・下] 静岡県長泉町「富士竹類植物園」にて、
2012年08月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp