トレニア (花瓜草)

Torenia fournieri

Torenia fournieri

Torenia fournieri

Torenia fournieri

Torenia fournieri

インドシナ半島が原産です。茎は立ち上がるか匍匐し、高さは20〜
30センチになります。葉は卵形から披針形で対生し、縁には鋸歯が
あります。季節はずれの寒さにあうと、葉は赤みを帯びます。5月か
ら10月ごろ、濃青色や淡青色、ピンク色、黄色などの花を咲かせま
す。和名では「はなうりくさ(花瓜草)」または「なつすみれ(夏菫)」と
呼ばれます。
ゴマノハグサ科ツルウリクサ属の一年草または多年草で、学名は
Torenia fournieri。英名は Bluewings, Wishbone flower。
Bluewings belongs to the Scrophulariaceae (the Figwort family). It is an
annual or perennial herb that is native to Indo-china Peninsula. The stem is
standing up or creeping and can reach 20-30 cm in height. The leaves are
ovate to lanceolate and opposite with toothed edges. They turn reddish
when expose to non-seasonal cold. The dark blue, pale blue, pink or
yellow flowers come in May to October.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年10月25日撮影。
[中1] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2003年07月16日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp