トルコぎきょう (トルコ桔梗)

Eustoma grandiflorum

Eustoma grandiflorum

Eustoma grandiflorum

Eustoma grandiflorum

Eustoma grandiflorum

Eustoma grandiflorum

Eustoma grandiflorum

Eustoma grandiflorum

アメリカの中南部からメキシコに分布しています。草原などに生え、
茎は直立して高さが90センチほどになります。灰緑色の葉は卵形で
対生します。4月から7月ごろ、茎頂や葉腋に杯状のピンク色や白
色、薄紫色などの花を咲かせます。わが国へは昭和時代のはじめに
渡来しました。その後、ヨーロッパやわが国で品種改良が進み、さま
ざまな花色や花形のものが作出されています。和名の由来には諸説
がありますが、花形がトルコ人のつけるターバンに似ているからとい
うのが腑に落ちます。別名で「ユーストマ」とも呼ばれます。
リンドウ科エウストマ属の一年草または二年草で、学名は Eustoma
grandiflorum(syn. E. exaltatum ssp. russellianum)。
英名は Showy prairie gentian。
Showy prairie gentian belongs to Gentianaceae (Gentian family). It is an
annual or biennial herb that is native to central-south USA and Mexico.
This herb occurs in prairies and the stem is erect, can reach about 90 cm in
height. The leaves are grayosh-green, ovate and opposite. The scyphiform,
pink, white or pale purple flowers come on the stem apices or axiles from
April to July. This herb was introduced into Japan in early Showa Era
(about 80 years ago). The many cultivars have been breeded in Europe
and Japan.
[上・中1〜5・下] 千葉県旭市萬歳にて、2010年01月14日撮影。
[中6] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月21日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp