とさみずき (土佐水木)

Corylopsis spicata

Corylopsis spicata

Corylopsis spicata

Corylopsis spicata

Corylopsis spicata

Corylopsis spicata

Corylopsis spicata

Corylopsis spicata

Corylopsis spicata

わが国の四国、高知県だけに分布しています。蛇紋岩地や石灰岩
地に生え、高さは4メートルほどになります。葉は卵円形から倒卵円
形で互生します。3月から4月ごろ、葉に先だって、淡黄色の花を下
垂して咲かせます。雄しべの葯が紅色なのが特徴です。
マンサク科トサミズキ属の落葉低木で、学名は Corylopsis spicata。
英名は Spike winter hazel。
Spike winter hazel belongs to the Hamamelidaceae (the Witch hazel
family). It is a small deciduous tree that is an indigenous species in Kochi
prefecture of Japan. This tree grows in serpentine or limestone soils and
can reach about 4 m in height. The leaves are ovate-round to obovate-
round and alternate. The drooping pale yellow flowers come in March to
April before foliation. It is defined by the ponceau anthers.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年04月09日撮影。
[中5・下] 同上にて、2007年06月21日撮影。
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年03月19日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2006年03月24日撮影。
[中6・中7] 茨城県神栖市砂山にて、2009年09月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp