とりあししょうま (鳥足升麻)

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

Astilbe thunbergii var. congesta

わが国の本州、中部地方以北から北海道に分布しています。亜高山帯から高山帯下部の林内や草原に生え、高さは40〜100センチになります。葉は3回3出複葉です。小葉は広卵形で先端が尾状に尖り、基部は心形をしています。7月から8月ごろ、白い花が泡立つように咲きます。名前は、若芽の先が三つ又に分かれ、鳥の足に似ていることと、葉のかたちが「さらしなしょうま」に似ることから。またこの若芽は山菜に利用されます。 
ユキノシタ科チダケサシ属の多年草で、学名は Astilbe thunbergii var. congesta。英名はありません。 
The "Toriashi-shoma" (Astilbe thunbergii var. congesta) belongs to Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido. This herb grows in sub-alpine to lower alpine forests and grasslands, and can reach 40-100 cm in height. The leaves are triternate compound and the leaflets are broad ovate with acute tips and cordate bases. The narrow panicles are borne and bloom white flowers from July to August. The young shoots are used for wild vegetable. 
[上・中1〜2・中9] 山形県小国町泉岡にて、2008年07月11日撮影。
[中3] 山形県小国町小玉川「温身平」にて、2008年07月12日撮影。
[中4〜5・中7] 秋田県藤里町太良「駒ヶ岳」にて、
2005年07月17日撮影。
[中6・中8] 長野県小谷村中土「雨飾高原」にて、
2006年08月02日撮影。
[中10〜中13] 福島県金山町小栗山にて、2013年07月21日撮影。
[中14〜15・下] 福島県天栄村「二岐山」にて、
2014年07月26日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp