とちかがみ (とち鏡)

Hydrocharis dubia

Hydrocharis dubia

Hydrocharis dubia

Hydrocharis dubia

Hydrocharis dubia

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国、東南アジ
ア、オーストラリアなどに広く分布しています。池沼に生え、葉の裏の
浮き袋で水面に浮かびます。浮葉が密集してくると立ち上がります。
8月から10月ごろ、花柄を伸ばして白い花を咲かせます。名前は、
光沢のある葉をスッポンの鏡に喩えたもの。ちなみに中部地方で
は、スッポンをドチとかトチと呼ぶそうです。
トチカガミ科トチカガミ属の多年草で、学名は Hydrocharis dubia。
英名は Frogbit。
Frogbit belongs to Hydrocharitaceae (Frogbit family). It is a perennial herb
that is distributed from Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan, Korean
Peninsula, China, Southeast Asia and Australia. This herb occurs in ponds
or bogs, the leaves have bladders on the reverse sides and float on the
water surface. The floating leaves rise up when they grow close together.
The white flowers come on the peduncles from August to October.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年08月24日撮影。
[中2] 同上にて、2006年09月29日撮影。
[中3] 同上にて、2006年07月22日撮影。
[下] 同上にて、2007年05月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp