とうあじさい (唐紫陽花)

Hydrangea bretschneideri

Hydrangea bretschneideri

中国の中北部に広く分布しています。標高1200〜2800メートルの
山地の渓谷や斜面などに生え、高さは1〜3メートルになります。小
枝の樹皮ははじめ赤褐色から褐色で、2年目には退色し薄く剥がれ
ます。葉は卵形から卵状楕円形で鋸歯があり、葉柄には軟毛が生え
ています。6月から7月ごろ、枝先に散房花序をだし、白い装飾花が
4個ある花を咲かせます。
アジサイ科アジサイ属の落葉小低木で、学名は Hydrangea
bretschneideri。英名はありません。
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年05月29日撮影。
[下] 同上にて、2006年03月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp