とうがらし (唐辛子)

Capsicum annuum cv. Matsuno-mai

Capsicum annuum

Capsicum annuum

Capsicum annuum

Capsicum annuum cv. Takano-tsume

Capsicum annuum cv. Takano-tsume

Capsicum annuum

Capsicum annuum

Capsicum annuum cv. Tachi-yatsubusa

Capsicum annuum cv. Tachi-yatsubusa

Capsicum annuum cv. Tachi-yatsubusa

Capsicum annuum cv. Fushimi-amanaga

Capsicum annuum cv. Fushimi-amanaga

熱帯アメリカが原産です。コロンブスによってヨーロッパに伝えられ、わが国へは16世紀に渡来しました。江戸時代から栽培され、多くの品種が作出されました。代表的な品種には、鷹の爪(たかのつめ)や八房(やつぶさ)、伏見甘長(ふしみあまなが)などがあります。高さは30〜100センチになり、夏に白い花を咲かせます。果実のかたちは球形から細長いものまでさまざまで、熟すと赤色や黄色、紫色などに色づきます。
写真上の品種は「松の舞」、中4・中5の品種は「鷹の爪」、中8〜中10の品種は「立八房」、それに中11・下の品種は「伏見甘長」。
ナス科トウガラシ属の多年草で、学名は Capsicum annuum。
英名は Capsicum、Red pepper。 
Capsicum (Capsicum annuum) belongs to the Solanaceae (the Nightshade family). It is a perennial herb that is native to the tropical America. This herb was introduced into Europe by Columbus, and also introduced into Japan in the sixteenth century. This herb has been cultivated from the Edo period (about 250 years ago), and many cultivars was raised. Typical pepper's species are 'Takano-tsume', 'Yatsubusa' and 'Fushimi-amanaga'. It can reach about 30-100 cm in height. The white flowers bloom in summer. The fruits have many varied shapes, globe to elongate cone and so on, and ripen red, yellow or purple. 
[上] 千葉県香取市大角にて、2010年07月19日撮影。
[中8・中9] 同上にて、2012年09月29日撮影。
[中10] 同上にて、2012年10月26日撮影。
[中11] 同上にて、2013年07月23日撮影。
[下] 同上にて、2013年08月28日撮影。
[中1〜中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2003年09月05日撮影。
[中4・中5] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中6] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキにて、
2010年07月03日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp