とうかえで (唐楓)

Acer buergerianum

Acer buergerianum

Acer buergerianum

中国東南部が原産で、黄葉が美しく、樹勢が強いので街路樹として
よく植えられています。高さは20メートルほどになります。葉は光沢
があり、上部が3浅裂します。4月から5月にかけて、本年枝の先に
散房花序をだし、淡黄色の雄花と両性花をつけます。
カエデ科カエデ属の落葉高木で、学名は Acer buergerianum。
英名は、Trident maple。
[上・中] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年04月19日撮影。
[下] 同上にて、2003年07月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp