とうもくれん (唐木蓮)

Magnolia liliflora var. gracilis

Magnolia liliflora var. gracilis

Magnolia liliflora var. gracilis

Magnolia liliflora var. gracilis

Magnolia liliflora var. gracilis

Magnolia liliflora var. gracilis

Magnolia liliflora var. gracilis

Magnolia liliflora var. gracilis

Magnolia liliflora var. gracilis

Magnolia liliflora var. gracilis

Magnolia liliflora var. gracilis

中国が原産です。「しもくれん(Magnolia liliflora)」の変種で、高さは2〜3メートルになります。全体に小型で、葉は狭倒卵形です。3月から4月ごろ、葉の展開と同時に赤紫色の花を咲かせます。花披片の内側が白く、先端がやや尖るのが特徴です。芳香はほとんどありません。別名で「ひめもくれん(姫木蓮)」とも呼ばれます。
モクレン科モクレン属の落葉低木で、学名は Magnolia liliflora var. gracilis。英名は Mu-lan、Japanese magnolia。
Mu-lan (Magnolia liliflora var. gracilis) belongs to the Magnoliaceae (the Magnolia family). It is a small deciduous tree that is native to China. This is a vatiety of Magnolia liliflora, and can reach 2-3 m in height. This species is small across the board. Leaves are narrow obovate. Unscented magenta flowers come almost as soon as foliation from March to April. Tepals are white inside with acute tips.
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2008年08月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4・中5] 同上にて、2006年09月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1〜中3] 長野県松川村川西にて、2006年05月09日撮影。
[中6] オーストラリア・シドニー市クックルベイにて、
2006年01月17日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2007年03月10日撮影。
[中9] 同上にて、2008年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2010年04月02日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中8] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2009年08月17日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp