とうていらん (洞庭藍)

Pseudolysimachion ornatum

Pseudolysimachion ornatum

Pseudolysimachion ornatum

Pseudolysimachion ornatum

Pseudolysimachion ornatum

わが国の固有種で、近畿地方から中国地方に日本海沿いに分布し
ています。高さは40〜50センチになり、全体が白い綿毛に被われ
ています。長楕円形の葉には浅い鋸歯があり、対生します。8月から
9月ごろ、茎の先の穂状花序に青紫色の花を咲かせます。名前は、
中国にある洞庭湖の水のように青い花が咲くことから。
ゴマノハグサ科ルリトラノオ属の多年草で、学名は Pseudolysimachion
ornatum。英名はありません。
'Toutei-ran' (Pseudolysimachion ornatum) belongs to Scrophulariaceae
(Figwort family). It is a perennial herb that is endemic to Japan and
distributed to the Japan Sea side of Honshu; westward from Kinki district
to Chugoku district. This herb can reach 40-50 cm in height and covered
with white woolly hairs. The leaves are oblong and alternate with shallow
toothed edges. The spikes are borne on the stem apices and bloom bluish
purple flowers from August to September. The Japanese name is derived
from Dongting Lake in China.
[上・中1・下] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年11月01日撮影。
[中2・中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2003年08月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp