とうわた (唐綿)

Asclepias curassavica

Asclepias curassavica

Asclepias curassavica

Asclepias curassavica

Asclepias curassavica

Asclepias curassavica

Asclepias curassavica

熱帯アメリカ原産です。高さは50〜80センチになり、線状披針形の
葉は互生します。7月から9月ごろ、茎頂や上部の葉腋に散形花序
をだし、オレンジ色の花を咲かせます。白色や紫色などの改良品種
もあり、花壇や切り花に使われます。花冠は2重になっていて、外側
の花冠は反り返ります。傷つけると乳白色の汁を分泌しますが、そ
の毒性は強いものです。乳牛がこれを食べるとミルクが毒化され、ミ
ルク病の原因となりました。和名は、種子に冠毛があり「わた(棉)」
に似ていることから。
ガガイモ科トウワタ属の一年草または多年草で、学名は Asclepias
curassavica。英名は Milk weed。
Milk weed (Asclepias curassavica) belongs to the Asclepiadaceae (the
Milkweed family). It is an annual or perennial herb that is native to the
tropical America. This herb can reach 50-80 cm in height. The leaves are
linear-lanceolate and arranged alternately. The umbels are borne at the top
of stems or the upper axils, and the orange flowers bloom from July to
September. There are many cultivars with white or purple flower colors,
and the plants are used as a bedding plant and cut flower. The corolla is
double and the outer corolla is recurving. The white saps ooze when the
branches or leaves are injured. This weed has severe toxicity and causes
the milk disease if the cows ingest as a feed.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年07月22日撮影。
[中2] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、
2008年08月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] 埼玉県滑川町「武蔵丘陵森林公園」にて、
2010年12月05日撮影。
[中5・下] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、
2012年03月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp