トラデスカンティア・ギガンテア

Tradescantia gigantea

Tradescantia gigantea

Tradescantia gigantea

Tradescantia gigantea

Tradescantia gigantea

Tradescantia gigantea

アメリカの中南部、テキサス州からルイジアナ州に分布しています。石灰岩地の林縁や道ばたなどに生え、高さは30〜90センチになります。葉は線状披針形で、茎の下部ではほとんど無毛ですが、上部のものは短毛で被われます。3月から4月ごろ、花茎の先端に散形花序をだし、淡い青紫色からピンク色の花を咲かせます。
ツユクサ科ムラサキツユクサ属の多年草で、学名は Tradescantia gigantea。英名は Giant spiderwort。
Giant spiderwort belongs to Commelinaceae (the Spiderwort family). It is a perennial herb that is native to central-southern USA, from Texas to Lousiana. This herb grows in woodland margines or roadsides on limestone areas and can reach 30-90 cm in height. The leaves are linear-lanceolate, the lower leaves are glabrous or nearly so, the upper leaves are densely covered with short hairs. The umbels are borne on the stem apices and bloom lavender-blue to pink flowers from March to April.
[上] アメリカ・テキサス州「イーグルキャニオン」にて、
2001年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1〜中3] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」
にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 同上にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2008年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp