トレウェシア・パルマータ [Index] [Back]

Trevesia palmata

Trevesia palmata

Trevesia palmata

Trevesia palmata

アジアの亜熱帯地方、中国南西部からインドシナ半島、インド北部に分布しています。さなざまな場所に生え、高さは5〜10メートルになります。幹や枝には、短い棘があります。葉は掌状に深裂して50センチ以上の幅になり、長い葉柄があります。このかたちは、雪の結晶のようだと喩えられます。観葉植物として栽培されています。
ウコギ科トレウェシア属の常緑小高木で、学名は Trevesia palmata。英名は Snowflake plant。
Snowflake plant belongs to Araliaceae (Ginseng family). It is an evergreen semi-tall tree that is distributed in the subtropical areas of Asia, from southwestern China to Indo-china Peninsula and northern India. This tree occurs in various places and can reach 5-10 m in height. The stems and branches have short spines. The leaves are deeply lobed palmately, up to 50 cm wide and more with long stalks. They look like stylized snowflakes. This plant is cultivated as an ornamental foliage plant.
静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、2007年03月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp