トリプラリス・クミンギアナ

Triplaris cumingiana

Triplaris cumingiana

Triplaris cumingiana

Triplaris cumingiana

Triplaris cumingiana

パナマからコロンビア北部、ペルー北部にかけて分布しています。高
さは10〜20メートルになります。雌雄異株です。葉は長楕円形で葉
柄があります。冬から春にかけて、総状花序をだし、ピンク色の雌花
を咲かせます。6個の花被片のうち3個は翼状で、痩果をとばす羽根
になります。写真は上・中1〜2が雌花、中3・下が雄花です。
タデ科トリプラリス属の常緑高木で、学名は Triplaris cumingiana。
英名は Long John。
Long John belongs to Polygonaceae (Knotweed family). It is an evergreen
tall tree that is native from Panama to northern Colombia and northern Peru.
This tree can reach 10-20 m in height. It is dioecious. The leaves are oblong
and petiolate. The racemes are borne in winter to spring and bloom pink
female flowers. The flower has six tepals, three of them are winged and
serve for flying achenes.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。
[中1〜3・下] 同上にて、2006年03月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp