トリリウム・エレクツム [Index] [Back]

Trillium erectum

北アメリカの東部と北東部に分布しています。スプリング・エフェメラルです。落葉樹林に生え、高さは40センチほどになります。葉は卵状菱形で、茎頂に3輪生します。葉にはシュウ酸カルシウムが含まれ、食べることはできません。4月から5月ごろ、2〜8cmの花茎の上に、濃赤色の3弁花を咲かせます。花には腐った肉の臭いがあり、ハエによって受粉されます。 
ユリ科エンレイソウ属の多年草で、学名は Trillium erectum。
英名は Red trillium。 
Red trillium (Trillium erectum) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to the east and north-east of North America. It is a spring ephemeral, This herb grows in the deciduous forests, and it can reach about 40 cm in height. The leaves are ovate-diamond and arranged in three whorled at the tip stems. They contain calcium oxalate crystals, and should not be consumed by humans. The deep red, 3-petalled flowers bloom atop a 2-8 cm tall stalk from April to May. They have the smell of rotting meat, as they are pollinated by flies. 
イギリス・スコットランド・アビモアにて、2016年06月04日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp