トリフォリウム・ルーベンス [Index] [Back]

Trifolium rubens

Trifolium rubens

Trifolium rubens

ヨーロッパの中部、アルプスやピレネー山脈に分布しています。高地に生え、高さは20〜60センチになります。茎は真っ直ぐに伸び、葉は3出複葉で小葉は披針形です。6月から7月ごろ、茎頂に穂状花序をだし、淡い紅色の花を咲かせます。
マメ科シャジクソウ属の多年草で、学名は Trifolium rubens。
英名は Red feather clover。
Red feather clover belongs to Fabaceae (Pea family). It is a perennial herb that is native to central Europe, the Alps and Pyrenees. This herb occurs in highlands and can reach 20-60 cm in height. The stems grow upright, and the leavese are trifoliate compound with lanceolate leaflets. The spikes are borne on the stalks and bloom pale rose-pink flowers from June to July.
岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2007年06月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp