チューベローズ (月下香)

Polianthes tuberosa

Polianthes tuberosa

Polianthes tuberosa

Polianthes tuberosa

Polianthes tuberosa

Polianthes tuberosa

メキシコが原産です。わが国へは江戸時代の後期に渡来しました。塊茎があり、夏に花茎を伸ばして「すいせん(水仙)」に似た乳白色の花を咲かせます。花には芳香があり、とくに夜になると強くなります。昔、アステカの人々は、この香油をチョコレートのフレーバーに使ったそうです。別名で「げっかこう(月下香)」とも呼ばれます。 
リュウゼツラン科ポリアンテス属の多年草で、学名は Polianthes tuberosa。英名は Tuberose。 
Tuberose (Polianthes tuberosa) belongs to the Agavaceae (the Agave family). It is a perennial herb that is native to Mexico. It was introduced into Japan in the latter term of Edo Era (about 200 years ago). It has caudices. The flowering stalks are borne, and the daffodil-like milky-white flowers bloom in summer. The flowers are scented, and the aroma gets up in night. The perfume oil was used as a flavor of chocolate in the days of Aztec. 
[上・中1] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年08月07日撮影。
[中2] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[中3〜4・下] 千葉県香取市大角にて、2015年08月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp