つぼさんご (壺珊瑚)

Heuchera sanguinea

Heuchera sanguinea

Heuchera sanguinea

Heuchera sanguinea

Heuchera sanguinea

アメリカの西南部、アリゾナ州からニューメキシコ州、メキシコ北部にかけて分布しています。湿り気のある半日陰の岩礫地に生え、高さは25〜50センチになります。葉は心形から腎形で、浅い切れ込みがあります。3月から10月ごろ、細い花茎を伸ばして、小さなベル形の緋色の花を咲かせます。園芸品種も数多く作出されています。 
ユキノシタ科ツボサンゴ属の常緑多年草で、学名は Heuchera sanguinea。英名は Coral bells。 
Coral bells (Heuchera sanguinea) belongs to the Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is an perennial herb that is distributed from the southwestern part of the United States, Arizona to New Mexico and northern Mexico. This herb grows in damps, semi-shade rocky gravels and has a height of 25-50 cm. It will extend thin flower stalks and blooms small bell-shaped scarlet flowers from March to October. Many cultural varieties have been created. 
[上] 長野市松代温泉にて、2006年05月18日撮影。
[中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月25日撮影。
[中2] 同上にて、2006年04月28日撮影。
[中3・下] ノルウェー・ソグン・オ・フィヨーラネ県フロムにて、2018年07月01日撮影。(photo by Jouette Travis)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp