つるふじばかま (蔓藤袴)

Vicia amoena

Vicia amoena

Vicia amoena

Vicia amoena

Vicia amoena

Vicia amoena

Vicia amoena

Vicia amoena

Vicia amoena

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、サハリンそれにシベリアなどに分布しています。山野の草地や林縁に生える、つる植物です。「くさふじ(草藤)」に似ていますが、小葉が10〜16個と少ないです。また、托葉が耳状に大きいのが特徴です。8月から10月ごろ、葉腋から長い総状花序をだし、紅紫色の蝶形花を咲かせます。
マメ科ソラマメ属の多年草で、学名は Vicia amoena。
英名はありません。
"Tsuru-fuji-bakama" (Vicia amoena) belongs to the family Fabaceae (the Pea family). It is a perennial herb that is distributed throughout Japan, as well as the Korean Peninsula, China, Sakhalin and Siberia. This herb is a trailing vine and grows in grasslands and forest-edges of hills and fields. It resembles to Tufted vetch (Vicia cracca), though it has lesser 10-16 leaflets. It is defined by large eared stipulars. The long racemes are borne at the axils and the magenta papilionacenous flowers bloom from August to October.
[上・中1] 長野県塩尻市「高ボッチ高原」にて、
2001年08月15日撮影。
[中2〜中5] 福島県昭和村「駒止湿原」にて、2012年08月26日撮影。
[中6〜7・下] 福島県南会津町界(さかい)にて、
2012年08月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp