つくしからまつ (筑紫落葉松)

Thalictrum kiusianum

Thalictrum kiusianum

Thalictrum kiusianum

わが国の固有種ですが、原産地は不明です。対馬列島から済州島
に分布する「むらさきからまつ(Thalictrum uchiyamai)」と、屋久島に自
生する「やくしまからまつ(Thalictrum filamentosum var. yakusimense)」と
の交配種と考えられています。古くから栽培されてきました。高さは8
〜12センチになります。6月から7月ごろ、疎らな円錐花序に淡い桃
紫色の花を咲かせます。
キンポウゲ科カラマツソウ属の多年草で、学名は Thalictrum
kiusianum。英名はありません。
"Tsukushi-karamatsu" (Thalictrum kiusianum) belongs to the
Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to
Japan, though it is unspecified the country of origin. This species is thought
to be a natural hybrid between "Murasaki-karamatsu" (Thalictrum
uchiyamai) which is native to the Tsushima Islands and the Jeju-do and
"Yakushima-karamatsu" (Thalictrum filamentosum var. yakusimense) which
is native to the Yaku Islands. It has been cultivated from ancient days. This
herb can reach 8-12 cm in height. The pale pinkish purple flowers bloom in
the sparse panicles from June to July.
[上・中] 栃木県日光市「東大付属日光植物園」にて、
2010年06月26日撮影。
[下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年06月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp