つるきんばい (蔓金梅)

Potentilla yokusaiana

Potentilla yokusaiana

Potentilla yokusaiana

Potentilla yokusaiana

Potentilla yokusaiana

Potentilla yokusaiana

Potentilla yokusaiana

Potentilla yokusaiana

Potentilla yokusaiana

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州、それに朝鮮半島に分布しています。山地帯から亜高山帯の湿り気の多いところに生え、高さは10〜20センチになります。ランナーを出して広がります。葉は3出複葉で、長い柄があります。4月から6月ごろ、花茎の先に黄色い5弁花を咲かせます。 
バラ科キジムシロ属の多年草で、学名は Potentilla yokusaiana。
英名はありません。 
"Tsuru-kinbai" (Potentilla yokusaiana) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a perennal herb that is distributed westward from Kanto district of Honshu to Shikoku and Kyushu of Japan, as well as the Korean Penisula. This herb grows in montane to sub-alpine marshes and can reach 10-20 cm height. The leaves are trifoliate with long petioles. The plant spreads by stolons. The yellow 5-petals flowers appear on the flowering stalks from April to June. 
[上・中1] 群馬県富士見村山口にて、2008年04月27日撮影。
[中2] 長野県木島平村「カヤノ平」にて、2004年07月04日撮影。
[中3] 長野県木島平村「北ドブ湿原」にて、2003年07月20日撮影。
[中4・中5] 茨城県つくば市「筑波山」にて、2013年04月13日撮影。
[中6〜7・下] 山梨県甲州市「湯ノ沢峠」にて、
2014年05月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp