つくばきんもんそう (筑波金紋草)

Ajuga yezoensis var. tsukubana

Ajuga yezoensis var. tsukubana

わが国の本州の太平洋側、宮城県から和歌山県にかけてと四国に
分布しています。主に日本海側に生える「ニシキゴロモ」の変種で
す。高さは5〜15センチほどになり、葉脈と葉の裏面が紫色をしてい
るのが特徴です。4月から5月ごろ、葉腋に淡い紅紫色か淡い青紫
色の花を咲かせます。花冠の上唇はごく小さく、雄しべが剥き出しに
なっています。名前は、筑波山で初めて見つかったことから。
シソ科キランソウ属の多年草で、学名は Ajuga yezoensis var.
tsukubana。英名はありません。
岐阜県可児市柿田にて、2005年05月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp