ツーリパ・アクミナータ [Index] [Back]

Tulipa acuminata

Tulipa acuminata

このチューリップには学名がついていますが、自然界では見ることができません。これはオスマン帝国の遺物ではないかと思われています。チューリップ、とくにこのような針状の花被片は、アハメド三世のようなサルタンによって珍重されていました。アハメド三世の在位は1703〜1730年です。このチューリップは、ユニークな狭い黄色の花弁に、先端のスカーレットが目立つ原種です。高さは40〜50センチになります。 
ユリ科チューリップ属の多年草で、学名は Tulipa acuminata。
英名は Fire flame tulip。 
he Fire flame tulip (Tulipa acuminata) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It has a botanical name but can’t be found in the wild. It is likely a relic of the Ottoman Empire. Tulips, especially those with needlelike petals, were greatly prized by sultans such as Ahmed III, who reigned from 1703 to 1730. This tulip has a wild form with uniquely narrow yellow flower petals edged and prominently tipped scarlet. The plant grows up 40-50 cm tall. 
富山県砺波市「砺波チューリップ公園」にて、2017年04月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp