ツーリパ・クルシアナ [Index] [Back]

Tulipa clusiana cv. Tinka

Tulipa clusiana cv. Lady Jane

アフガニスタンからイラン、イラク、パキスタンそれにヒマラヤ西部が原産です。広く観賞用植物として栽培されています。高さは15〜30センチになり、花は春のあいだ中、咲きます。写真上は園芸品種の「ティンカ(cv. Tinka)」、下が「レディジェーン(cv. Lady Jane)」。 
ユリ科チューリップ属の多年草で、学名は Tulipa clusiana。
英名は Lady tulip。 
The Lady tulip (Tulipa clusiana) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to Afghanistan, Iran, Iraq, Pakistan and the western Himalayas. It is widely cultivated as an ornamental plant. This plant grows to a height of 15-30 cm and flowers during the spring season. The upper photo is a cultivar 'Tinka' and the lower photo is a cultivar 'Lady Jane'. 
富山県砺波市「砺波チューリップ公園」にて、2017年04月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp