ツルバギア・フラグランス

Tulbaghia fragrans

Tulbaghia fragrans

Tulbaghia fragrans

南アフリカが原産です。葉はひも状で多肉質、全体に白い粉を帯び
ています。葉を傷つけると「ニンニク」の香りがします。11月から4月
ごろと7月から9月ごろに、大きな散形花序をつけ、「クチナシ」に似
た芳香のある淡い紫色の花を咲かせます。香りは、とくに夕方に強く
なります。別名で「スイートガーリック」とも呼ばれます。
ユリ科ツルバギア属の多年草で、学名は Tulbaghia fragrans
(syn. T. simmleri)。英名は Sweet garlic。
[上・中] 大阪府河内長野市「大阪府立花の文化園」にて、
2003年02月20日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州バーネット市にて、2006年10月08日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp